ニュージーランド自転車旅行7日目
ワイコーアイティー〜ダニーディン(40km)

7日目、ワイコーアイティービーチの夜空は消えて、僕らの狭いテントを朝日が照らします。

もくじ
・ニュージーランド自転車旅行 はじめに
・ニュージーランド自転車旅行 計画&出発前
・クライストチャーチ国際空港:出発日&最大のトラブル【ニュージーランド自転車旅行⓪】
・アシュバートン:モーテルへの激走【ニュージーランド自転車旅行①】
・ティマル:寝坊と羊【ニュージーランド自転車旅行②】
・世界一の星空、テカポ湖への道のり【ニュージーランド自転車旅行③】
・テカポ湖散策とヒッチハイク【ニュージーランド自転車旅行④】
・オマルー:バックパッカーズ宿体験記【ニュージーランド自転車旅行⑤】
・キャンプで過ごす最後の夜【ニュージーランド自転車旅行⑥】
・古風な街並みのダニーディン:感動のゴール【ニュージーランド自転車旅行⑦】
・最終日ダニーディン空港へ、おわりに【ニュージーランド自転車旅行⑧】

KATOH命名、認知症の母クマを崖から突き落とす小グマ岩
2人用のオレンジテントを3人使用
馬が乱入してきて朝の運動

夏のニュージーランドですが朝型は長袖が必要なくらいには気温が下がります。恒例の朝のコーヒーを沸かしていると、どこからか馬がやってきて海岸を行ったり来たり運動しています。

この日はゴールの大都市ダニーディンまでの40kmを走ります。旅の疲れもピーク、膝や筋肉の炎症も慢性化しています。

最後の20kmは700mの峠を越える必要があります。しかし、実は…

全てダート(未舗装)!!

最後の20kmは国道1号が自動車専用道?のような扱いになって、自転車はオフロードの迂回路を取らされます。時々自転車を押しながら坂道を登っているとすぐ近くに羊が!最後の最後に旅のタイトル「RAM ON THE HILL」を体験することができました。

ついにお散歩中の羊と遭遇

そして、最後の10kmの下りも未舗装!
KATOHKOSUGEはMTBを使用しているため、砂埃を巻き上げながら連続するカーブを攻めます。

長い長い下りを終えると、ダニーディン市街が見えてきます。初めての海外旅行で無理な日程を全て消化したゴール、感動もひとしおです。

ダニーディンは大都会
最後のモーテルにゴール

この日は、正午にダニーディンに到着したため、午後は30kmほど離れた岬に位置するハリントン・ポイントという土地のpenguin placeでまたもやペンギン観察ツアーに参加しました。

左はすぐ海の道を攻めるバス

ハリントン・ポイントへはバスで移動しましたが、細くうねった道を絶妙なドライブテクニックで攻めていきます。

飼育されていたブルーペンギンたち

ペンギン観察ツアーでは、最初に屋内でニュージーランドのペンギンについてのレクチャーを受けた後、日産のオンボロバスにのってペンギン生息地へ向かいます。

絶叫ドライブのオンボロバス

このバスがなかなかスリリングで車内は会話もできないような振動と騒音で、さながらアトラクションのようでした。

ペンギンの巣穴、よく見ると中にペンギンがいる

ペンギンを見るはずが、巣穴の中のペンギンはあまり姿を見せず、オットセイが海岸で喧嘩する様子を眺め続けるという謎のツアーでした。

オットセイが大量にいた海岸

帰りの時間はバスがなくなっていたため、フロントでタクシーを呼んでモーテルへ。最後のモーテルを堪能しました。

楽しかったモーテル生活もついにラスト

8日目、さよならニュージーランドに続きます。
・最終日ダニーディン空港へ、おわりに【ニュージーランド自転車旅行⑧】

著者情報
RIKUTO
北海道在住
ツアコン担当
EAT PRAY CARPの旅の計画と動画編集を主に担当しています。普段は北海道で医学研究者として働いていますが、年に1度の海外自転車旅行を虎視眈々と狙っています。

1 Comment

キャンプで過ごす最後の夜【ニュージーランド自転車旅行⑥】 | EAT PRAY CARP · 6月 12, 2020 at 7:12 pm

[…] 感動のゴール、7日目に続きます。・古風な街並みのダニーディン:感動のゴール【ニュージーランド自転車旅行⑦】 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。