このページでは私たちEAT PRAY CARPが旅してきた世界7ヶ国の道のりと動画をまとめています。各々の旅の記事に飛ぶことができます。

【アラスカ】GOOD NIGHT AURORA

2019年夏アラスカ自転車旅行。極北、大自然、極寒、北海道で少年時代を過ごした私たちにとってはいつか挑まなくてはならない憧れの地がアラスカでした。旅の目的はオーロラを観測することであり、旅のタイトルは「Good Night, Aurora 」に決定しました。

徹底解剖! 早期警戒機

皆さん早期警戒機という飛行機を知っていますか? 英語ではAirborne Early Warningという早期警戒機、こういう見た目をしています。 早期警戒の…

キャンプ飯~鮭とハーブ~

お久しぶりです。料理担当のコックでございます。前回の投稿が、2019年2月だったので、半年間もサボっていたことになりますね。今回は今年の夏に…

SNSで余りいいねを貰えなかったTweetで振り返るアラスカ自転車旅行

 こんにちは、ツアコンのクリストファーです!今夏のアラスカ自転車旅行では即時性のある旅のレポートを届けるべく、メンバー全員が旅用のTwitt…

EPC新規事業開始、 Trans-Alaska Pipeline System のモニタリング業務にてAlyeska Pipeline Service Companeyと業務提携

北海道を拠点とする医療ベンチャー: Eat Pray Carp.inc(EPC)は独自の技術を利用した次世代パイプラインモニタリング業務を開始することを決定した。 …

アラスカ自転車旅行2019夏【総集編】

はじめに  2019年夏、前回のマレーシア旅行から丸一年、今回の旅先はアラスカに決まりました。極北、大自然、極寒、北海道で少年時代を過ごし…

【マレーシア・シンガポール】CATCH THE SUN BEAR

2018年8月マレーシア・シンガポール自転車旅行。クアラルンプールを出発し、マレーグマを探しながらアジア有数の最先端都市であるシンガポールを目指しました。

【シンガポールへ】マレーシア自転車旅行 最終章 ジョホールバル動物園とF1シンガポールGP

こんにちは!ライターのSASAKENです。長かったマレーシア自転車旅行の記事もこれが最後になります。これを書いているのは2019年12月。旅が終わって…

【サッカー好き必見の観光スポット】スタジアムでジョホールバルの歓喜をめぐる マレーシア自転車旅行第6章

こんにちは!ライターのSASAKENです。 本日はマレーシア自転車旅行第6章として、ジョホールバルでの1日をお伝えしようと思います。 マレー…

【東南アジアの景色】 マレーシア自転車旅行 ~第5章~ 油やしとパイナップル畑

こんにちは!ライターのSASAKENです。今回の記事はマレーシア自転車旅行の第6章。マレー半島独特の景色をお届けします。 マレーシアシンガポ…

【おすすめ世界遺産を観光!】マレーシア自転車旅行~第4章~マラッカのオランダ広場でインスタ映えする写真を撮ろう!

こんにちはライターのSASAKENです!今回は、マレーシア自転車旅行第4章として、マラッカでの観光からお伝えします。 マレーシアシンガポール…

【観光におすすめ!】「マラッカ海峡に浮かぶ水上モスク」マレーシア-シンガポール自転車旅行〜第3章〜

EPCトレインとマラッカ海峡に浮かぶ海上モスク この記事のまとめ・8月のマレーシアは自転車で走るには暑すぎる!・マレーシアのマクドナルドは…

【ギリシャ】METEORPHYSICAL BEING

2018年3月ギリシャ自転車旅行。アテネを出発し、天空の城ラピュタのモデルとも言われる奇岩地帯のメテオラを目指しました。

【PV】目的: ドローンとともに天空の修道院メテオラへ
距離: 316km/走行4日/合計8日
ギリシャ自転車旅行2018春【総集編】アテネ→天空の修道院メテオラ

はじめに  2018年春、撮影担当Katohの大学卒業という節目の旅の舞台は哲学の本場、ギリシャでした。今回の最終目的地は天空の城ラピュタのモデ…

【韓国】INTO THE ICE NOODLE

2017年8月韓国縦断自転車旅行。政治的に緊迫した真夏の朝鮮半島を駆け抜けソウル近郊、楊平(ヤンピョン)名物の冷麺を目指しました。何かと話題になりがちな日韓関係ですが、直接の体験は新鮮なものでした。

【PV】目的: ソウル近郊の楊平(ヤンピョン)名物の本場の冷麺を食べる。
距離: 420km/走行4日/合計6日
【ドキュメンタリー前編】大邱からソウルに向けて出発した我々ですが、韓国語という大きな壁にぶつかり語学を学んで行くことを決意します。
【ドキュメンタリー後編】終戦記念日のソウル、連日のニュースで反日感情の高まりが叫ばれるなかで韓国の空気感を生で味わいます。
【韓国自転車旅行3】尚州から忠州まで~反日感情と親切な韓国人~セジェ自転車道レビュー

こんにちは。ライターのSASAKENです。気づけばこのサイトの記事数も100を超えたようです。いつも皆様ありがとうございます。今回は、2017年の韓国自…

【韓国自転車旅行2】大邱から尚州へ~深刻な水不足…~洛東江自転車道レビュー

 こんにちは。ライターのSASAKENです。 お得意の”怠惰”が炸裂し、作者逃亡シリーズになりかけていた「韓国自転車旅行編」ですが、このコロナ…

【韓国自転車旅行1】〜大邱編〜大邱空港からの脱出とおすすめチムジルバンで宿泊

 こんにちは。ライターのSASAKENです。 今回は、韓国縦断自転車旅行の初回として、大邱空港から大邱市内にある、チムジルバンに宿泊するまでを…

【新シリーズ 韓国自転車旅行:大邱-ソウル】韓国での自転車旅行は海外自転車旅行入門に最適だと思った話

  こんにちは!ライターのSASAKENです。 今回から、新シリーズ「韓国自転車旅行 “Into The Ice Noodle”」についての記事を書いていこうと思います。 …

「トラックカフェの夫婦」現地人との交流(韓国自転車旅行編)

この記事の要旨2017年夏、韓国自転車旅行4日目、私は旅の終着地点であるソウルの目の前まで近づいていた。そこで出会ったのは移動式カフェ、通…

【台湾】BOIL THE TEA

2017年3月台湾縦断自転車旅行。紅茶の産地、SUN MOON LAKE(日月潭)にて幻の巨大魚を狙いました。現地台湾人kentの協力を得て湖に浮かぶ釣り筏を24時間貸し切って、夜通し釣りをしながらアオウオを待ち続けました。台湾の道路はスクーターで埋め尽くされており非常に危険でしたが、非日常な体験をしました。

【PV】目的: 日月潭に生息する2mの巨大魚、アオウオを釣る。
距離: 461km/走行7日/合計10日
【ドキュメンタリー前編】台北から高雄に向けて出発した我々ですが、道路を埋め尽くすスクーターの大群に圧倒されてしまいます。
【ドキュメンタリー後編】命からがらたどり着いた日月潭、釣り筏を24時間貸し切って深夜の釣り対決が開催されます。

【ニュージーランド】RAM ON THE HILL

2016年3月ニュージーランド自転車旅行。クライストチャーチから世界一の星空、テカポ湖を目指しました。初めての海外自転車旅行で待っていたのは、ニュージーランドの美しい自然と世界一の星空でした。

【PV】目的: テカポ湖の世界一の星空
距離: 609km/走行7日/合計9日
【ドキュメンタリー前編】クライストチャーチからダニーディンに向けて出発した我々ですが、羊の群れと北海道のような大自然を堪能します。
【ドキュメンタリー後編】世界一の星空で有名なテカポ湖、そこへ至る道は険しかった。最後の最後にその実力を発揮します。
最終日ダニーデン空港へ、おわりに【ニュージーランド自転車旅行⑧】

ニュージーランド自転車旅行8日目ダニーディン〜ダニーディン国際空港(30km)本当の最終日。ダニーディン市街からダニーディン国際空港までは30km…

古風な街並みのダニーデン観光:感動のゴール【ニュージーランド自転車旅行⑦】

ニュージーランド自転車旅行7日目ワイコーアイティー〜ダニーディン(40km)7日目、ワイコーアイティービーチの夜空は消えて、僕らの狭いテント…

キャンプで過ごす最後の夜【ニュージーランド自転車旅行⑥】

ニュージーランド自転車旅行6日目オマルー〜ワイコーアイティー(78km)ニュージーランドの旅も既に6日目、初日の日焼けでできた水ぶくれが破れ…

オマルー:ペンギンとバックパッカーズ宿体験記【ニュージーランド自転車旅行⑤】

ニュージーランド自転車旅行5日目ティマル〜オマルー(85km)代わり映えのしないほぼ平らな道のりが永遠に続きます。 こんな時は、隠れた魅力…

テカポ湖キャンプとヒッチハイク【ニュージーランド自転車旅行④】

ニュージーランド自転車旅行4日目テカポ湖〜ティマル(100km)テカポ湖の湖畔で世界一の星空を眺め続けていたら、やがて空が白んで夜があけました…

国内自転車旅行

【茨城~名古屋自転車の旅】はじめて自転車旅行をする方々へ

こんにちはライターのSASAKENです。今回の記事は、長距離自転車旅行をする方々に向けた記事です。「次の春休み卒業旅行で自転車日本縦断をするぞ…

「Fast Alone, Far Together」遠くへ行きたいならみんなで行けの意味【アフリカのことわざより】

Fast Alone, Far Together アフリカの諺(ことわざ)だそうだ早く行きたいなら一人でいけ、遠くへ行きたいならみんなでいけという意味だ、 アル・ゴ…