2016年3月、ニュージーランドへのはじめての海外自転車旅行を前に、私たち5人の実家がある札幌に集まりました。ここ札幌から新千歳空港、成田空港、オークランド空港を経由してクライストチャーチ空港にたどり着き、そこから走りだす予定でした。しかし、この乗り継ぎ計画がいきなり破綻します。

もくじ
・ニュージーランド自転車旅行 はじめに
・ニュージーランド自転車旅行 計画&出発前
・クライストチャーチ国際空港:出発日&最大のトラブル【ニュージーランド自転車旅行⓪】
・アシュバートン:モーテルへの激走【ニュージーランド自転車旅行①】
・ティマル:寝坊と羊【ニュージーランド自転車旅行②】
・世界一の星空、テカポ湖への道のり【ニュージーランド自転車旅行③】
・テカポ湖散策とヒッチハイク【ニュージーランド自転車旅行④】
・オマルー:バックパッカーズ宿体験記【ニュージーランド自転車旅行⑤】
・キャンプで過ごす最後の夜【ニュージーランド自転車旅行⑥】
・古風な街並みのダニーディン:感動のゴール【ニュージーランド自転車旅行⑦】
・最終日ダニーディン空港へ、おわりに【ニュージーランド自転車旅行⑧】

早朝のJR札幌駅で輪行作業
JR札幌駅で出発の儀式

札幌駅午前6時、輪行袋に収納した自転車を抱えて閑散と冷え切ったホームへ登って新千歳空港行きのJRに乗りました。実はこの時、北海道全域に暴風雪注意報が発令されており飛行機の発着が危うい状況でした。しかし、風雪によるダイヤの乱れは北海道では日常茶飯事なので、1〜2時間の遅れで済むだろうという楽天的な予測をしていたことは事実です。

新千歳空港午前8時、自転車とキャンプ用品等を預けて無事ANA機に乗り込みました。風雪は強まるものの一度乗り込んでしまえばあとは成田まで飛ぶだけだと、すっかり安心していました。しかし…

一度は飛行機に乗り込んだものの降ろされる
大雪で大混乱の新千歳空港、外国人もカウンターに詰め寄る

ANA機内午前9時、滑走路の除雪が間に合わないということでまさかの離陸中止!機内から降ろされてしましました。新千歳空港とは長い付き合いですが、初めてのケースに動揺を隠せません。そしてなによりも午後3時発の成田発オークランド行きの便に間に合わない可能性がでてきました。
再び新千歳空港午前11時、取材のテレビカメラが集まるなかで振替え便の行列に並びます。幸い国際線乗り継ぎの旅客が優先されるため、イラついた外国人とともに12時半の振替え便を手に入れました。しかし…

成田発のオークランド行きの出発時刻に間に合わない!!!

最悪の事態です。まさか1シーズンに1度の新千歳空港の欠航ラッシュに当たってしまうとは…。幸い同日の18時発の次のオークランド行きの便に振り替えられましたが、追加で4万円も取られてしましました。私たちの雰囲気も最悪に、特にTAKAMASAは4万円のショックを隠せません。

NZ航空の振替手数料4万に落ち込むTAKAMASA

ANA機内13時、風雪も収まり離陸できました。

成田空港17時、ニュージランド航空に改めて自転車と荷物を預けてチェックイン。普段は貧乏旅行がモットーですが、今回は初めての海外自転車旅行なので顧客満足度No.1アライアンス(要出典)のニュージーランド航空で豪遊します。自転車等の対応もANA,JAL並みに丁寧。非常に好印象です。

NZ機内19時(日本時間)、今回の旅の舞台ニュージーランドへ向けて無事離陸しました。飛行時間10時間半、現地時間午前9時着(時差+4時間)のフライトです。機内は紫の照明でオシャレな雰囲気、モニターにはあの有名なNZ航空名物のサーファー達が登場するユニークな機内安全ビデオが映っていました。は以前から見たかった「マイ・インターン」を視聴、TAKAMASAは筋肉映画「マジックマイク2」を視聴しています。さらに…

ニュージーランド航空の機内はピンクの照明
夕食、朝食ともにおいしい!

NZ航空は機内サービスとして、ドリンクとスナックがいつでも食べ放題飲み放題!
モニターを通じていつでも注文することができます。しかもアルコール付き!童顔な日本人はパスポートで年齢確認される可能性が高いですが、TAKAMASAは機内ドリンクに酔いしれています。頼みすぎてNZ人のCAさんに「飲みすぎないでね(ハート)!」的なことを言われる始末…。今までで一番快適、オススメな航空会社です!

国内線のジェットスター航空でオークランドからクライストチャーチへ

オークランド空港午前9時、一眠りするとオークランド空港に到着。時差が少ないためアメリカ旅行と比べると抜群に体力消費が少ないです。今回の旅行先は南島なので北島にあるオークランドからは国内線へ乗り換えします。国内線はジェットスター航空(本場)、乗り換えではマオリ族系の巨漢男性が私たちの自転車をヒョイっと片手で持ち上げて両脇に抱えてカートにぶん投げています。自転車が壊れないかヒヤヒヤ、片道6000円の格安航空の恐ろしさをまざまざと見せつけています。

オークランド空港には旅の目的地であるテカポ湖の星空のパネルが展示中

ジェットスター機内午前11時、クライストチャーチまでは2時間、飛行機が大好きな私たちですが、連続4本乗り継ぎの疲れかフライト中ずっと眠っていました。

クライストチャーチ空港14時、いよいよ自転車の旅が始まります。気分はアポロ11号のアームストロング船長。しかし、小さな一歩と偉大な飛躍に感動している暇はありません。この時点で予定より6時間遅延。この日の宿までは100km弱…

日暮れまでに100km走らなきゃ宿がない…

激走の1日目に続きます。
・アシュバートン:モーテルへの激走【ニュージーランド自転車旅行①】


1 Comment

ニュージーランド自転車旅行 計画&出発前 | EAT PRAY CARP · 6月 12, 2020 at 6:51 pm

[…] 次の記事・クライストチャーチ国際空港:出発日&最大のトラブル【ニュージーランド自転車旅行⓪】 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。