ニュージーランド自転車旅行2日目
アシュバートン〜ティマル(77km)

もくじ
・ニュージーランド自転車旅行 はじめに
・ニュージーランド自転車旅行 計画&出発前
・クライストチャーチ国際空港:出発日&最大のトラブル【ニュージーランド自転車旅行⓪】
・アシュバートン:モーテルへの激走【ニュージーランド自転車旅行①】
・ティマル:寝坊と羊【ニュージーランド自転車旅行②】
・世界一の星空、テカポ湖への道のり【ニュージーランド自転車旅行③】
・テカポ湖散策とヒッチハイク【ニュージーランド自転車旅行④】
・オマルー:バックパッカーズ宿体験記【ニュージーランド自転車旅行⑤】
・キャンプで過ごす最後の夜【ニュージーランド自転車旅行⑥】
・古風な街並みのダニーディン:感動のゴール【ニュージーランド自転車旅行⑦】
・最終日ダニーディン空港へ、おわりに【ニュージーランド自転車旅行⑧】

起こされて目が覚めました、昨夜の激走の疲れがまだ残っています。朝の8時に起きようと約束して寝たのですが、果たして現在時刻は…

「10時や!」

見事に寝坊しました。みんなを叩き起こします。SASAKENはまだ6時だというわけがわからないことを言っています(日本時間を見ていたようです)。このモーテルのチェックアウト時間は10時…
オーナーのおばちゃんから電話がかかってきました。急いでスクランブル発進の準備をします。しかし、大荷物で自転車旅行をしている私たちは毎度のことながら荷造りに1時間弱かかります。モーテルを出る頃には時刻は11時に、もはやお昼時になっていました。

一度散らかすと準備に1時間かかる

朝食は近所のスーパー「COUNT DOWN」です。ニュージーランド全土で営業しているこのスーパーは日本でいう「SEIYU」のようなものでしょうか。さすが畜産大国なだけあってハムや牛乳の品揃えは日本の倍以上です。生活保障用の1ドルの巨大食パンを除いて全体的に物価は高い印象です。しかし、自転車旅行は大量のエネルギーを消費するため朝食にハム、チーズ、パン、牛乳を、間食用にバナナ、プラム等を買い込みます。今振り返ると私たちの自転車旅行で朝食がもっとも充実していた国はニュージーランドでした。ニュージーランドにはコンビニがほとんどないため、水・フルーツの買い溜めが必要で「COUNT DOWN」には大変お世話になりました。

コンビニが無いから食料品を買うならここ
国道1号線には羊がいっぱい
唯一の補給地点

朝食を食べ終えて本日の目的地まで走り出した時刻は11時半、異常に遅いスタートでしたが昨日と違ってニュージーランドの美しい景色を楽しむ余裕があります。国道1号線を一歩外れるとそこには無数の羊が、さすがニュージーランド。臆病な羊たちは近づくとびっくりして逃げていきます。しまいには道路脇を牛の大群が移動しています。
道路脇にポツンと佇むオアシスティイールームで昼食のミートパイを食べました。

広場でチェスができる
本日のモーテル

目的地ティマルまで20km地点の街、テムカで小休止、街の広場はチェス盤になっており非常におしゃれな街並みです。
18時、無事にティマルのモーテルにたどり着きました。カモメが飛び交う海岸を経由して謎の中華料理屋で夜食を食べました。

ティマルの海岸でカモメにパンを撒くTAKAMASA
あえて中華料理をチョイス

明日は国道1号線をはずれて100km走って世界一の星空があるテカポ湖を目指します。この時には、まだテカポ湖でどれだけ素晴らしい星空が待っていたかを知る由はありませんでした。

星空への辛く険しい道のりの3日目に続きます。
・世界一の星空、テカポ湖への道のり【ニュージーランド自転車旅行③】

著者情報
RIKUTO
北海道在住
ツアコン担当
EAT PRAY CARPの旅の計画と動画編集を主に担当しています。普段は北海道で医学研究者として働いていますが、年に1度の海外自転車旅行を虎視眈々と狙っています。

1 Comment

アシュバートン:モーテルへの激走【ニュージーランド自転車旅行①】 | EAT PRAY CARP · 6月 12, 2020 at 7:00 pm

[…] 寝坊の2日目に続きます。・ティマル:寝坊と羊【ニュージーランド自転車旅行②】 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。