こんにちは。ライターのSASAKENです。
先日、EPCによる浅間山レジャーが敢行され、浅間山登山やその周辺のドライブに行ってまいりました。その時の様子を写真で振り返っていこうと思います。

犬ころの滝 南相木村 滝見の湯

南相木村の滝見の湯は比較的新しい施設で滝の音を楽しみながら入浴を楽しむことができます。
内部にはレストランも併設されており、蕎麦やソフトクリームを楽しむことができます。

浅間山登山

車坂峠から登山を開始して30分程度の位置でしょうか。奥にはおそらく小諸市が見えているはずですが、朝霧で見えておりません。がれ場を進んでいきます。

トーミーの頭より。奥に見えるのが浅間山です。富士山のような形をしていますね。今回のコースは浅間山自体に上るというよりもその周りの山に登って浅間山の眺めを楽しむというコンセプトの道でありました。天気もまあまあ良くて浅間山の眺めを存分に楽しむことができました。

こちらは蛇骨岳から仙人岳までの稜線を眺めたものとなっております。やはり、稜線を歩くのは登山の楽しみの一つではないでしょうか。雲が晴れた瞬間には北側に群馬県、南側に長野県の田畑や街を一望することができました。

こちらは鋸岳から見た浅間山です。やはり生でみる浅間山は迫力がありました。線状の構造物がみられるのは岩などが転がった後でしょうか。数多くみられました。この日の天気は概ね良好でしたが、浅間山自体は雲に隠れたり、はっきりと見えたりといった感じでした。

こちらは浅間山登山難所の一つであるJバンドです。岩の急斜面を一気に下りました。道自体はしっかりとしていて私は特に転倒などもなく下ることができました。奥に見える1本道に合流して下から浅間山を見上げる形になるのですが、下から見上げる浅間山もまた趣があります。

Jバンドを下りきった所から見上げる浅間山はこんな感じです。このエリアは、草木の背が低く、密度も低いため不思議な印象を持ちました。ここからくさすべりまでは平坦な道で景色を楽しみながら歩くことができます。これまで自分たちが歩いてきた道を見上げながら進みました。最後の難所、草滑りを登り切って無事に車坂峠まで戻ってくることができました。

露天風呂へのトロッコが魅力 菱野温泉 常磐館

浅間山登山を終えた後、菱野温泉常盤館に宿泊しました。部屋は4人部屋で成人男性が泊っても広すぎるほどの部屋でありました。

こちらの温泉の特徴はなんと露天風呂まで登山電車を用いていくというところです。もともとエレベーターとして使用していたものを転用したとのことです。山の上にある露天風呂は非常に眺めもよく、登山の疲れを癒すことができました。ちなみに登山電車に乗らなくても内湯は楽しむことができます。

夕食もかなり豪華で信州牛の焼き物や信州サーモンやこの地域の特産である鯉を用いた料理を多く楽しむことができました。

風立ちぬのモデル 軽井沢 万平ホテル

最終日は軽井沢の万平ホテルでカフェを満喫しました。こちらのホテルはジブリ映画風立ちぬで出てくる草軽ホテルのモデルとなったホテルとのことです。雰囲気のあるホテルでありましたが、我々を優しく受け入れてくれるホテルでした。

私はこちらのカフェでアップルパイを楽しみました。シナモンの効いた大人の味といったところでしょうか。休日の朝には最適なチョイスであったと考えております。

こうしてEPCの浅間山レジャーは幕を下ろしました。The 夏休みといった感じで非常に楽しい週末を過ごすことができ、現実に戻るのに時間がかかってしまいました。残りの人生で夏休みの空気感をあと何回楽しむことができるでしょうか。そのような時間を増やせるような働き方を選ぶのも悪くないなと感じました。

それでは皆様よい1日をお過ごしください。

著者情報
Writer,Driver
Age 25
Japan
 元4桁のフォロワーを従わせているツイッタラー。現在はツイッターからWebライターへ活躍の場を広げている。上り坂で無類の脚力を発揮するが無理な計画には断固としてNOを突きつける。釣り好きが高じて動物観察を趣味としているが、獣医師ではなく、医療従事職を目指している。

1 Comment

浅間山でドローンを飛ばすためのすべて|許可申請,準備,運用,オススメの撮影スポット | EAT PRAY CARP · 7月 31, 2021 at 12:36 am

[…] 写真で振り返る長野・浅間山エリア夏のレジャー 【長野県浅間山】痛恨の失敗から学ぶ登山初心者に必要な装備 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。