こんにちは!世界を旅するEAT PRAY CARPのツアコンです。今回は2021年夏に敢行した、初の登山企画である「ASAMA Incident」についてまとめてみました!ドローン絶景もぜひ合わせてご覧ください。

登山を思い立ったきっかけ

今までボリビアを始め海外自転車旅行を中心に活動してきましたが、コロナ禍の遷延もあり国内でアウトドアができないものかと考えておりました。そんな折、メンバーの一人が一時的に長野県に在住しているという事情もあり、長野のアウトドアといえば登山でしょう!となり、中央アルプスは浅間山登山を敢行することになりました。

20代男性社会人が挑むはじめての登山

軽々しく登山といったものの私たちの登山経験はほぼゼロ。標高2857mの常念岳をベテランとともに登った経験があるSASAKENが一歩リードと言ったところで、登山に詳しい友人からの情報収集を担当してもらいました。

20代男性社会人4人が初めての本格的な登山に挑みます。

ちなみにもう一人のメンバーKSGは岩手在住時代に岩木山(1625m)を登った際に猛烈な下痢に襲われて、NGS(野○)を連発したという呪われた過去を持っています…

浅間山は初心者におすすめ

浅間山は標高2568mの活火山で、上信越高原国立公園に指定されており四季の植物が登山客を魅了します。ただし2021年3月より火山警戒レベル2に引き揚げており前掛山への登頂は不可能になっており、外輪山縦走が一般的なコースになっております。

今回のルート(外輪山縦走)

①車坂峠〜トーミの頭

車坂峠に駐車して、朝4時半から登山を開始しました。トーミの頭までは石段のきつい上りがつづき、いきなり息があがります。

②トーミの頭〜Jバンド

トーミの頭からは比較的平坦な道のりが続き尾根を伝い浅間山の絶景を堪能します。途中に最高到達地点の黒斑山があります。

③Jバンド〜湯の平口

Jバンドからは石畳の急な下りで滑落の恐怖と戦いながら浅間山の麓に降り立ちます。

④湯の平口〜トーミの頭(草すべり)

湯の平口からトーミの頭までは急勾配の草むらを一気に駆け上りトーミの頭まで高度を戻します。炎天下で地獄のような道のりで終盤に疲労が溜まった肉体と精神を痛めつけます。

⑤トーミの頭〜車坂峠

ここまでくればウイニングランです。石段を着実に降って駐車場まで戻ります。

総括

上記の行程を9時間かけて消化し、14時に下山しました。雄大にそびえる浅間山の景色は常に圧巻で、遠くに北アルプスや富士山も望めました。雲の切れ間から望む長野や群馬の街並みにも心を洗われました。
さて、たしかに初心者である私たちでもコースを完遂できましたが、何点か改善点があったので次の項目で検討します。

痛恨の失敗3選

①登山靴をケチってずるずる草滑り

初歩的なミスですが登山靴の購入を渋ったKATOH氏はスニーカーで参戦した結果、Jバンドでの石段くだりではスリップによる転倒が多発しました。また急斜面の上りがある草すべりではグリップ力不足により坂を上りきれず大幅な遅れが生じました。

石段での安定性や、上りでのグリップ力向上のために登山靴は必須でしょう。他メンバーは1万円弱の登山靴である程度快適に登山できました。

②スパッツを貫通する鋭利な植物でスネが血祭り

アウトドアは長袖長ズボンでというのは鉄則ですが、スパッツを貫通する植物にくるしめられました。特に草すべりでは登山道の両端を雑草に囲まれているような状況であり、殺人植物を目視できず突然スネを切りつけられるような感覚に襲われました。

③体力不足

これは言わずもがな。テレワークするKATOH氏は深刻な運動不足と撮影機材で7kg増量した結果、かつての体力を失ってしましました。運動習慣は大切。

逆にファインプレーだったこと3選

①念には念をいれた早朝すぎる出発

登山初心者で予想所要時間を忠実に計算し、深夜2時半起きで登山を開始しました。航行速度は平均より早かった印象ですが、景色を楽しみすぎたせいか休憩時間がやたら長いため結果として平均的な時間になりました。

②軍手

かなりクリティカルな装備、それが軍手!特に石段くだりの際に木々をホールドすることで体が安定して転倒転落を防ぎます。これはかなりの重要アイテムです。

③たっぷりな水分&食糧

夏の登山ということで脱水を警戒しました。スポドリ1L、お茶0.5L、水1Lを持参しました。幸いなことに直射日光が限られた時間も多く発汗も少なかったため1Lほど余りましたが、余裕のある水分管理ができました。

まとめ

みなさんも私たちの失敗を糧に快適な登山ライフを堪能してください!

登山もまさにFar Together、次回は海外での登山にも挑戦してみたいと思います、待ってろヒマラヤ。

著者情報
RIKUTO
北海道在住
ツアコン担当
EAT PRAY CARPの旅の計画と動画編集を主に担当しています。普段は北海道で医学研究者として働いていますが、年に1度の海外自転車旅行を虎視眈々と狙っています。
Categories: RIKUTO(青)

2 Comments

写真で振り返る長野・浅間山エリア夏のレジャー(浅間・菱野温泉・軽井沢) | EAT PRAY CARP · 7月 31, 2021 at 12:56 am

[…] 浅間山でドローンを飛ばすためのすべて|許可申請,準備,運用,オススメの撮影スポット 【長野県浅間山】痛恨の失敗から学ぶ登山初心者に必要な装備 […]

浅間山でドローンを飛ばすためのすべて|許可申請,準備,運用,オススメの撮影スポット | EAT PRAY CARP · 8月 10, 2021 at 1:02 am

[…] 写真で振り返る長野・浅間山エリア夏のレジャー 【長野県浅間山】痛恨の失敗から学ぶ登山初心者に必要な装備 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。