はじめに

 2019年夏、前回のマレーシア旅行から丸一年、今回の旅先はアラスカに決まりました。極北、大自然、極寒、北海道で少年時代を過ごした私たちにとってはいつか挑まなくてはならない憧れの地がアラスカでした。旅の目的はオーロラを観測することであり、旅のタイトルは「Good Night, Aurora 」に決定しました。眠れる森の美女のオーロラ姫と、眠ってしまっては見れないオーロラを掛け合わせたのが語源のようです。

旅程・ルート

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 25f06f714eae76ff3e59664ea72e7377-1024x837.png です
自転車ステージのルート

 今回はアラスカという大地の魅力を最大限に引き出すために、ユニークな旅程が組まれており、自転車ステージ3日(200km)、デナリ国立公園観光ステージ2日、カヌー+レンタカーステージ3日が実行されました。

自転車ステージ(結果)

大雨警報のためアンダーザブリッジキャンプ

 フェアバンクス-ニナナ(85km)、ニナナ-クリア(40km)、クリア-デナリ(67km)のステージが予定されており、全ての行程を予定通り消化しました。出発と同時に加藤の自転車のディレイラーがもげたため急遽レンタサイクルになりました。最大の試練は道中の2泊が予定外の連続キャンプになってしまったことと最終日に大雨に降られてしまったことで、残る力を振り絞るような形でデナリ国立公園にゴールしました。

デナリ国立公園観光ステージ

13時間乗車したバス
タイガとツンドラが入り混じるアラスカの自然
カリブー?のオス

 デナリ国立公園は自家用車の立ち入りが制限されており、入り口のビジターセンターからのバスで観光します。私たちは勇敢にも公園の一番奥、マッキンリー山に最接近する乗車時間13hのツアーを予約し、野生動物との遭遇に備えました。バスツアーでは、カリブーやムースなどの動物やタイガやツンドラなどの大自然に触れられ大変満足度の高いものでしたが、前日までの疲労が色濃い私たちは13hのバス移動のほとんどを睡眠に費やしました。ちなみにお目当のグリズリーを見ることはできませんでした。
→詳しくは別記事で

カヌー+レンタカーステージ

クライスラーパシフィカ・クライシス号
カヌー、ドローンより

 ルート未定でしたが、昼は湖でカヌー、夜は3夜連続オーロラ観測合宿を敢行する予定でした。結果として、チェナ温泉で一泊したのにカヌーとともにアラスカハイウェイを南下し(上記参照)デルタジャンクションを目指し、ルート沿いの湖をカヌーで探検しました。
 アラスカの道路が車が少なく非常に走りやすかったことに加え、レンタカー・クライスラーパシフィカに荷物を詰め込んで走るというEAR PRAY CARP史上ほぼ初のレンタカーの旅の快適さに終始ご機嫌でした。
 カヌーに関しては、車への固定方法もわからないほどの初心者っぷりでしたがなんとか湖に沈むことなく旅を終えることができました。アラスカの湖は風景が大変美しく気持ちよかったですが、水温は低くて転覆=死亡の構図が成り立つスリリングな環境であったこともまた事実です。

考えられる問題点

ヒグマ問題

 グリズリーとの遭遇は一度もありませんでした。グリズリースプレー購入の上でキャンプ中は食料をテントから離すなどの対策をしましたが、生き物の気配一つ感じませんでした。国道沿いを走り、キャンプする分にはグリズリーとの遭遇の確率は限りなくゼロに近いのではないかという印象です。

オーロラ観測問題

この明るさで23時くらい

 旅の目的であるオーロラでしたが、出会うことはできませんでした。最大の障壁は空が明るいことで、高緯度帯のため星が出るほど十分に暗いのが深夜0時〜2時頃のみであり、星も3つほどしか見えませんでした。過去のデータでは頻度は低いながら同時期に観測されたこともありましたが、結論としては8月中旬にオーロラを見ることは空の明るさ的に難しいといえるでしょう。

キャンプ問題

 今回の私の隠れテーマであった、ニュージーランド(2016)以来のキャンプの実現ですが、アラスカに想像以上に宿がないというトラブルもあり2連続キャンプを行いました。長距離走行からのキャンプを予定すると走行を拒否する傾向の私たちですが、今回は走行後に宿がないことを知らされるというパターンが2度続いたことがキャンプ実現の秘訣だったと実感しています。

到達目標

オーロラ観測

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は publicdomainq-0016816hlk.jpg です

 長年の夢であるオーロラを肉眼で鑑賞することがこの旅の最大の目的でしたが、全く達成することができませんでした。再びアラスカを訪れるきっかけとして宿題を残す形になりました。

ミュージックビデオ作成

 私たちの目線で撮影された一緒に旅をしているような映像で、アラスカの魅力を伝えるミュージックビデオを作成し日本で暮らす皆さんと共有することが目的でした。ドローンでの撮影も無事行ったことに加えて、今回は360度カメラも導入したため仕上がりが楽しみな今日この頃です。

ドキュメンタリー作成

 旅の様子を長回しの映像で記録したドキュメンタリーで、ミュージックビデオ撮影の裏側や、理想と現実のギャップを描いています。私たちの痴話喧嘩や反応を通じて現地の空気感を伝えるものです。今回は新機材であるソニーのアクションカムを導入したため、いつもより画角が広い映像をお届けできると思います。完成は、、、いつでしょうか?

生きて帰る

 見事に達成しました。次の旅は半年後、地球のどこかで再会しましょう。いつまでも、創造的に。


1 Comment

SNSで余りいいねを貰えなかったTweetで振り返るアラスカ自転車旅行 | EAT PRAY CARP · 10月 9, 2019 at 5:24 pm

[…] アラスカ自転車旅行【総集編】 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。