この記事の要旨マレーシア最強の補給飯ツートップはナシゴレン(nasi goreng)&ミーゴレン(mee goreng)!

我々の海外旅行におけるQOLを左右する項目は多くある。
宿泊施設、コンビニ、気候、言語など…
食事ももちろんそのひとつである。

旅の序盤は、どれが手っ取り早くかつ安全にカロリーを補給できるかわからないため、自転車旅行に向かない料理を選択してしまうことが多々ある。今回の旅では、我々にとって最適な食べ物を早期に見つけることが鍵であった。

ナシゴレン(nasi goreng)ミーゴレン(mee goreng)
この二大巨頭がマレーシアにおいていちばん効率の良い食べ物であった。

ナシゴレンはいわゆるマレーシア盤チャーハン。nasiは『米』、gorengは『揚げる』の意味だ。米を油で炒め、そこにブラチャンやサンバル、にんにく、唐辛子などを加えられる。具は肉(鶏、牛など)、エビなどが入る。マレーシアはムスリムが多いため豚肉が使われることはない。

ここのナシゴレンには玉ねぎ、卵、きゅうり、小エビ、パクチーなどが入っていた。
汗をかいた後にはちょうどいい塩加減。

ミーゴレンは、マレーシア盤焼きそば。meeは『麺』の意味である。
こちらもマレーシアでは定番の食べ物である。味付けはほぼナシゴレンと同じである…
米が麺に変わっただけなのだ。
個人的にはミーゴレンの方が濃い味で、甘めに感じた。
カボスのような柑橘系がいいアクセント。

典型的な田舎の定食屋
メニューは豊富
店内は意外と綺麗でお洒落

マレーシアは様々な文化圏が混じり合っている国で、その食文化も多様である。その中で我々は代表的な料理を好んで選択した。それは、味がどの店でも安定しており、どの店のメニューにもあり、注文が楽であったに他ならない。次回はこの代表的な料理とは一線を画していた料理か、マレーシア料理の歴史などについて書こうかと思っている。

こんにちは。
このサイトでたまに投稿させてもらいます料理担当のKOSUGEです。

このグループでは

・現地の食事
・坂の辛さ
・現地の気候

などを発信していきます!
乞うご期待!


0 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。